クエン酸

皆さんこんにちは。

本日は「クエン酸」の効果についてお話をしていきたいと思います。

そもそも、クエン酸って何?と思われていらっしゃる方もいると思うので、簡単なご説明をします。クエン酸とはレモンやグレープフルーツ等を食べた時に感じる「酸っぱい」成分です。植物由来のモノも多く、日本人ですから梅干しを食された方も多いと思います。これらに含まれて、私達に「酸っぱい」を与えてくれるのがクエン酸です。

このクエン酸は、名前の通り「酸性」です。豆知識ですが、同じく拭き掃除で活躍する「重曹」は「アルカリ性」になります。
クエン酸は、水回りの汚れやアンモニア、水にまつわる異臭を中和してくれる効果が高い、非常にすぐれた成分です。窓ガラスに付着する汚れは泥砂、花粉、黄砂が多く飛ぶ季節にはこれが付着しますね。

そして内側は手垢に埃、タバコを吸うご家庭はヤニ汚れ。これらを落とすのって凄く重労働だったりしますよね?ですが、この汚れは実は酸性であったりする汚れが多いのです。そしてクエン酸は「柔らかい汚れ」を落とす事を得意としている成分です。水に溶かしたクエン酸を窓ガラスに一吹きして時間を置き、少し湿らせた雑巾でサッと拭き取ってみてください。驚く程に汚れが落ちて、今まで辛かった窓掃除がとても楽しい掃除に変わる事間違いありません。

汚れによっては重曹と使い分けてクエン酸を使ったお掃除をしていただく場合がありますが、クエン酸は非常に効果が高いお掃除アイテムです。この年末にはお家でクエン酸を使った大掃除をしてみてくださいね。